卓球の技

卓球の技について

今回は、卓球の技を二つ紹介します。
まずは素振りを徹底することをおすすめします。
卓球部に入部した方が半年ほど素振りを徹底して行っていって、入部した頃とは見違えるほどに球が打て、ラリーが続くようになったという事例があります。
体に身に就くまで、基本的な構えから練習していきましょう。
続けて、卓球の技について打ち方を説明します。
・バックハンド これが得意か苦手かで大きな差がつきます。
ほかの選手よりも有利です。
シェイクハンドの場合は、お腹の前に手の甲を表に出してラケットを構え、前に押し出すように振り向きます。
ペンホルダーの場合は、基本はシェイクと同じで、ペンより下に押し出す感じにすると打ちやすいです。
・フォアハンド 素振りは「円を描くように」もしくは「三角を描くように」振る、と指導者によって異なります。
こちらでは「三角を描くように振る」ことでの練習方法を説明します。
空振りしてもいいので、とにかく三角形に振り、「振りぬくこと」を意識するのがポイントです。
これをひたすら続けて(半年ほど)、慣れて余分な力が抜けると、三角に近い楕円の軌道を描くように打てるようになります。
技を身に着けていけば、卓球が非常に面白いと感じるようになるでしょう。

卓球にはどんな技があるか

卓球は非常にボールが軽く変化させやすいスポーツです。
いろいろな変化をさせることで様々な動きをします。
その変化をさせるために技をいろいろ駆使していく必要があります。
卓球ではサーブも大きな武器になってきます。
回転の種類としては下回転や横回転などの種類があります。
上手に回転をかけていくとかなりの回転がかかるので、きちんとしたレシーブを行っていかないと相手コートに返すことは出来なくなります。
他にも攻撃の技でドライブというものがあります。
ボールが弾んだあとに伸び上がるように跳ねる感じになります。
通常のスマッシュやドライブを上手に組み合わせていくことで、多彩な攻撃をすることが可能です。
また守備的な戦術ではカット戦法という対処の仕方も卓球にはあります。
これはサーブのような回転をボールに与えて相手に返球していく方法です。
スピードのある攻撃ではありませんが、強烈な回転がかかっているので相手が根負けしてしまいミスを誘うような戦法になります。

check

宮古島のダイビングに初心者が申し込み

Last update:2017/7/6

copyright(c) 2015 「上達卓球」 all rights reserved.