練習方法

卓球の練習は一人でもできます

卓球の練習は二人でやらないといけないわけではありません。
一人でだって、立派に行うことができます。
現在活躍している卓球選手の多くも一人でしていることは多いです。
鏡を見ながら、ひたすら素振りをすることができます。
素振りは卓球の基本となる動作です。
集団で練習をする時に、正しい素振りをきちんと教わっておいて、それをひたすら反復します。
ひたすら反復することにより、体が覚えてくれます。
試合の時に無意識に体が動くことがあります。
それが、体が覚えているということです。
あとは、画期的なシステムができまして、卓球練習ボードなるものがあります。
これは、コートの相手側に設置をします。
角度は斜めに設置するので、ボールをボードに向かって打つと、こちら側に跳ね返ってきます。
この跳ね返りを打ち返すことにより、相手を想定した練習をすることができるのです。
きちんと打たないと、跳ね返ってこないので、正しく打つ訓練にもなります。

卓球の練習の仕方について

卓球を上達させるためにはどうすればいいのでしょうか。
練習を積んでいくことは大切ですが、やり方がわかっていなければせっかく努力しても無駄になってしまうかもしれません。
卓球以外のスポーツにもいえることですが、すべてのスポーツには基本的な型があります。
正しいフォームや動きかたを覚えて練習することで、練習がより充実したものとなります。
卓球の場合、きちんとしたフォームで素振りが出来ているか鏡などでチェックすると効果的です。
また動きながら素振りをしたり、スイングスピードを意識することも大切です。
フットワークも重要で、試合で疲れにくく、球を打ち返しやすい位置に素早く移動するために、フォアやバック、前後を意識したフットワークを取り入れてみると良いです。
ネット前やショートレシーブの処理など、個々の場面に合わせての練習もすると良いです。
色々なシチュエーションを想定することで、実際の試合で役に立つ力を手に入れることができます。

pickup

大阪で医療脱毛を見つける

2018/6/22 更新

copyright(c) 2015 「上達卓球」 all rights reserved.