卓球を始める

卓球の上達法を紹介します

卓球の上達法は自分よりも強い人と練習する事です。
卓球は球技ですが、サッカーや野球やバレーのように団体で行うスポーツではなく、一対一のスポーツです。
ですからひたすら強い相手と勝負して多くの物を学ばなければいけません。
ただし初心者がいきなり強すぎる相手と勝負をするとゲームが成立しませんから、ほどほどの相手と勝負をする事が必要です。
卓球は意外にも複雑な戦略が多く存在しており、その点では将棋やチェスにも似た知的センスが問われます。
例えば横回転や縦回転など、ボールに回転を掛ける技があります。
野球のナックルボールなどと同じように回転を掛けるには修業が必要です。
また回転を受ける側も、ボールをそのままラケットに当ててしまえば、あらぬ方向へ飛んで行ってしまうので、右方向の横回転には左方向の横回転を掛けたり、上方向の縦回転には下方向の回転を掛けるなどして回転の威力を封じたり、というような、少々ややこしい知識が必要になります。
ですから卓球に関するハウツー本や、卓球の月刊誌などを読む事で、知識を得る事が上達への近道になります。
そして意外にも体力を使うスポーツなので、走り込みや筋トレなどで体力を付ける努力も必要です。
知的センスと体力、両方を使う意外に過酷なスポーツですが、しかしそれだけに上達した時の達成感は格別です。

卓球始めてみませんか

卓球は他のスポーツに比べ、とても継続しやすいです。
室内競技のため、季節を問わずにいつでも楽しめます。
近くの公民館等の施設を手軽な値段で借りることができるため、費用の心配もありません。
卓球をするために必要なものは、ラケットとピンポン玉、ケース、クリーナーのみです。
専用のシューズもありますが、一般的な運動用シューズであれば代用も可能です。
ラケットにはるラバーは高いものもたくさんありますが、初心者がいきなり高いラバーを買ったところで、安いものとの違いは分かりません。
そのため、まずは安いものを使い、慣れてきたら買い替えることをお勧めします。
また、ラバーのクリーナ―も必要です。
これも一本あればしばらくは買わずに済みます。
クリーナーを塗るためのスポンジも忘れずに買いましょう。
卓球のラケットには、大きく分けて2種類あります。
ペンなどをもつような形でもつペンホルダーと、握手をするようにもつシェークハンドです。
試合などを見てみると、シェークハンドのプレイヤーが多いです。
打ちやすさから、シェークハンドを選ぶ人が多いため、卓球を始めるなら、シェークハンドの方が上達が早いです。
このように卓球は始めやすいスポーツで、初心者も楽しめます。
ぜひ、はじめてみてください。

おすすめWEBサイト

信州伊那自動車教習所
渋谷区 遺品整理
ハウススタジオをレンタルする

Last update:2017/12/26

copyright(c) 2015 「上達卓球」 all rights reserved.